魚の骨がのどに刺さった時のとり方を調べてみた!放置してはいけない理由やかかった病院のレビューも

体験・レビュー

先日、夕食でサンマを食べている時、最近NHKで始まった「アンという名の少女」の録画を夢中になって観ていたら、よく噛まずに飲み込んだようで気づいたらのどに違和感・・痛い!どうやらサンマの骨がのどに刺さってしまったようです!

そのままご飯と一緒に飲み込めないかなとゴクリ。お茶で流し込めないかなとゴクリ。それでもチクチク痛い・・指で取れないかなと口に指を入れてみてもよく分からない・・寝ている間に治らないかな?こんな時どうしたら良いの~?と思い、魚の骨がのどに刺さった時のとり方を調べてみました。

スポンサーリンク

サンマの骨がのどに刺さった時のとり方はどうやるの?

2019年9月のNHKのNEWS UPの特集で、魚の骨がのどに刺さった時の対応方法が紹介されていました。広島市の耳鼻咽喉科クリニックの隅田伸二先生の解説をまとめてみました。

のどに骨が刺さったときにごはんを飲み込むのは、全く意味がありません。むしろ状態を悪化させてしまうこともあります。

ポイントは3つ
①受診するのは耳鼻咽喉科
②自分で無理に取ろうとしないで
③タイの骨が刺さったら急いで病院へ
NHKのHPからの引用)

アラフィフ母さんがやっていたことは一つも良くなかったようです(汗)

魚の骨は、大人は舌の付け根(口蓋へんとう)のあたり、子どもは舌へんとうの付近に刺さることが多いとか。

画像引用:扁桃腺摘出のおはなし ブログ

確かにアラフィフ母さんの場合、舌の付け根の右側が痛い・・まさに画像のあたりです・・

タイの骨が刺さった時は急いで病院へ行く理由は、他の魚に比べて太くて硬いので最悪の場合、骨が体の内部を通り抜けて心臓や太い血管を傷つけ、命に関わるケースもあるとか!アラフィフ母さんの場合はタイではなくサンマだったので少しホッとしました。でも刺さるのはよくありませんね。

子どもの場合

東京都足立区の和田小児科医院の和田紀之院長先生の解説を引用します。

子どもが骨を飲み込んでしまった場合、保護者が小児科に連れてくることがあります。のどの中を見て、骨が見えてかつ、取れそうな場合は私たちが取ることもありますが、骨が奥に入って見えないときは、小児科には処置に必要な器具もないため、耳鼻咽喉科を紹介します。”
とのこと。大人も子どもも骨がのどに刺さった場合は、器具がそろっていて処置に慣れている耳鼻咽喉科にかかるのが良いようです。

魚の骨がのどに刺さった時は、大人でも子どもでも耳鼻咽喉科に行くのが良さそうですね。

放置してはいけない理由

魚の骨がのどに残ったままにしておくと、喉の粘膜に傷がついたり、痛みが増したりする可能性があるそうです。また最悪の場合、傷ついた箇所が化膿してしまうおそれもあり、そうなると日常生活にも影響が出ますね。

アラフィフ母さんも一瞬、頭をよぎった「いつの間にか自然に骨が溶けてくれるのでは?」。これは唾液やのどの粘膜には骨を消化できる酵素がないから、骨が溶けてなくなることはないようです。

やはり早めに耳鼻咽喉科にかかるのが良いようですね。

かかった病院のレビュー

サンマの骨がのどに刺さったのは夜7時を過ぎていたので病院には行けず、明日起きた時には骨が取れていることを願いつつ布団へ。しかしチクチク痛むため全く眠れず、だんだん骨が深く刺さって病院へ行っても簡単には取れず、手術になるんじゃないか?と不安になってきました。

仕事が終わった後、かかりつけの耳鼻咽喉科へ行こうと思っていましたが、痛みがのどの奥の方になってきたので、仕事は早退させてもらい職場の近くの耳鼻咽喉科に行くことにしました。

ドキドキしながら初診の問診表に「サンマの骨がのどに刺さった。昨夜7時過ぎ」と書いて保険証と一緒に受付へ。すぐに呼ばれて診察室へ行くと、先生は

サンマの骨がのどに刺さったのね。これはまた高価な魚を食べたんだね

「いえ、冷凍なので安いのです・・舌の右側の付け根の方が痛むのですが」

ハハ冗談だよ。魚の骨はね、正確には刺さったんじゃなくて、のどに貼り付いているんだよ

「え?そうなんですか?」どんなふうに取るんだろう?痛かったらどうしようと思いつつ、口を開けると、舌の奥をグッと抑えられてオエっとなってしまった。

力抜いてね~~。あ~見える見える

(え?見えるものなの?)そして先生はピンセットを持って、もう一度舌の奥をグッと押さえて

力抜いてね~

オエッ!(難し~~~)一度手を止めて、再び舌の奥をグッと押さえて

はいはい力抜いてね~。ハイ取れたよ。結構大きかったね

ピンセットに挟まれたまさしく3㎝ぐらいのサンマの骨が・・

楽になったでしょ?

全く痛みもなく無事に終わり、思わずウルウル。看護師さんがティッシュを渡してくれました。

早く受診して良かったね。それにサンマで良かったよ。ウナギだとね、骨が細くて短いから見えないこともあってね。そうなると大変なんだよ

それから、先生に魚の骨がのどに貼り付かない予防方法を聞いてみました。

予防する方法

1.普段からよく噛んで食べる事
2.骨がある魚を食べる時は一口の量を少なくすると骨に気づきやすい

これから魚を食べる時は、ちゃんと食べることに集中しようと思います。

まとめ

子どもの場合、骨がのどに刺さった経験から魚が食べられなくなることもありますね。アラフィフ母さんの子ども達も一度のどに刺さってからは、本人も私もすごく慎重になっています。お寿司は大好きですけどね。

今年はサンマがこれまでにないほど不漁だそうですが、冬に向かって魚が美味しくなる時ですね。アラフィフ母さんはこれに懲りずに魚は食べたいと思います。魚の骨には十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました