雛人形のケースは必要?メリット・デメリットや選び方のポイントも調査!条件別おすすめお雛様を紹介

お役立ち情報

お子様が生まれて初めて選ぶお雛様。アラフィフ母さんの頃は7段飾りが王道でしたが、今は住宅事情だけでなくステキなお雛様が増えたこともあり、すごく迷いますよね。選ぶ上で「ケースの有り無し」も迷いどころの一つだと思います。そこでケースがあった方が良いのか、その必要性を検証して、ケースのメリットデメリットを踏まえた上での選び方のポイントを調べてみました。

<関連記事>

雛人形は二人目の娘にも用意するべき?つるし雛や羽子板などの意味とおすすめのお雛様の買い方も

スポンサーリンク

ケースはあったほうがいいの?必要性を検証

雛人形のケースはあった方が良いのか、なくても良いのか、実際にケース有りの雛人形を買った人の口コミを集めてみました。

ケース付きの雛人形を買った人の口コミ

確かにケースがあるとほこりが付かないので手入れは楽そうですよね。どういった意見があるのか紹介していきます。

・賃貸のアパートなので、大きなセットは飾れないのでガラスケースに入ったコンパクトサイズのひな人形にしました。
・毎年ちゃんと飾れるように出し入れしやすい物と思い、ケースの雛人形にしましたが、あまり場所もとらないので助かります。
・若い夫婦には、出し入れが楽で、手入れも、軽くてケースに入り楽だから良い。
・置けるスペースはありますが、5段とかは高すぎて買ないので、ケースに入った雛人形を飾ってます。
・飾るスペースや収納を考慮してケース入りの雛人形を探していた

・子どもの手が届かないところに置きたいが、そういう場所がないのでケース入りにした。
・子どもが触りたがるので、ケース入りにしてよかったです。
・ケースに入っているのでイタズラをする猫が3匹いる我が家にはとてもありがたい

以上の口コミから

・共働きやパパママだけの核家族では、飾る負担がかからないものが欲しい。
・子どもが生まれたばかりの若いパパママは賃貸マンション暮らしで飾るスペースがあまりない。
・ペットがいる。

このようなライフスタイルの方には、ケース入りを選ぶ場合が多いようですね。

ケース飾りのメリットデメリットと選び方のポイント

口コミや人形店のHPなどからケース飾りのメリットデメリットをまとめました。

メリット

・出す手間や収納する手間がかからない
・ほこりが付かず、ケースを拭くだけできれいになる
・子どもやペットがいても飾りが乱れない
・どこに飾ってもしっくりくる
・アクリルケースは軽い。
・ガラスケースは透明度が高く、細かい傷がつきにくい。

デメリット

・ケースの大きさの収納スペースが必要
・高給なものが少ない
・直接触れないので雛人形との距離を感じる
・飾る楽しみが減る
・アクリルケースは細かい傷がつきやすく高価。
・ガラスケースは重く、割れると危険。

選び方のポイント

・飾る場所だけでなく収納スペースも測っておく。
・運びやすさが重要なら軽いアクリル製を選ぶ
・ケースの値段をおさえたい場合はガラス製を選ぶ。
・六角形のケースは雛人形が見やすく、珍しいので人と被らない。
・六角形でも柱がないタイプは更に見やすい。
・柱があるタイプは重厚感がある。
・上部か側面が開くと、並べなおしなど手入れがしやすい。
・ケースの柱の色によって印象が変わる。

スポンサーリンク

ケース無しのメリットデメリットと選び方のポイント

ケース無しのメリットデメリットと選び方を検証します。

メリット

・雛人形に直接触れて飾ることができるので愛着がわく。
・収納スペースをあまりとらない。
・選べる雛人形の種類が多い。

デメリット

・飾ったり仕舞ったりする手間がかかる。
・ほこりや汚れが付きやすく、手入れが必要。
・子どもやペットが触れて壊れることがある。

選び方のポイント

・商品が多いので予算を決めておく。
・飾る場所と収納場所を決める。
・飾りつけや片付けの時間を考えておく。

アラフィフ母さんの知り合いで、お店で一番立派な7段飾りの雛人形を買ってもらったけれど、全て飾れたのはおじいちゃんおばあちゃんが手伝ってくれた最初の年だけで、2年目以降は時間がなくてお内裏様だけしか出せなくなった。もっとよく考えて買ってもらえばよかった!と言っていました。

生活スタイルを考えて購入するのが良いようですね。

条件別おすすめのお雛様

ケースの有り無しなど、雛人形を選ぶ基準には、共働きや核家族などそれぞれの生活様式によると思います。そこでライフスタイル別でのおすすめのお雛様をピックアップしてみました。

一戸建てにお住いの方におすすめの雛人形

飾るスペースがある場合、やはり雛人形の王道の7段飾りをおススメしたいと思います。

和室に飾る場合、漆塗りの装飾があると雰囲気が合いますね。

マンションにお住まいの方におすすめの雛人形

インテリアに合わせたスタイリッシュで伝統も感じられるお雛様が良いと思います。

ケース入りですと、全面が見やすいケースがおススメです。

賃貸マンションにお住まいの方におすすめの雛人形

これから引っ越しの可能性も考えると、軽くて割れにくいアクリルケースの雛人形がおススメです。

玄関に飾りたい方におすすめの雛人形

写真が一緒に飾れるこんな雛人形はいかがでしょうか?こちらは2人目のお雛様にも良いと思います。

仏間に置くという方におすすめの雛人形

格式ある仏間に飾る場合、高級感がある雛人形がふさわしいと思います。収納はコンパクトになり飾る時は箱が台になるようなものがおススメです。

ケース無しの雛人形

ケース入りの雛人形

まとめ

雛人形のケースの形や色も満足度に大きく関わるんだなぁとと口コミを調べてみて気づいたことでした。とってもかわいくてステキな雛人形の種類も多くて何を基準に選べばよいか、今回はケースの有り無しで検証しましたが、雛人形選びのお役に立てられたら嬉しいです。

雛人形は、子どもの健やかな成長を願う親心を形にしたもの。いつまでも大事にしたいですね。

<関連記事>

雛人形は二人目の娘にも用意するべき?つるし雛や羽子板などの意味とおすすめのお雛様の買い方も

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました