ヘアドネーションの条件・料金や髪の長さはどれくらい必要?実際に体験したレビューも

体験・レビュー

ダレノガレ明美さんが美しく長い髪をバッサリと切って話題になったヘアドネーション。皆さんも興味があると思いますが、やり方や条件はあるのをご存知の方は少ないのでしょうか?

  • ヘアドネーションは髪を寄付すること
  • 実際に体験したレビューを紹介

ヘアドネーションは、くせ毛でもカラーをしていてもある条件を満たせばすることが可能なんです!実際に私も50歳でチャレンジしました。

この記事では体験したレビューや条件を調査した条件を紹介していますので、興味がある方は読み進めてください。

スポンサーリンク

ヘアドネーションの条件・料金や髪の長さはどれくらい必要?

必要な条件は?

前提条件として、ヘアドネーションをするには、以下の2種類の方法があります。

  1. 自分で指定条件を満たして、自分で髪をヘアドネーションの団体に送る方法
  2. 美容室で行う方法

このうち「2.美容院で行う方法」で、もしヘアドネーションをやっていない美容室でも、切り方など必要な条件を、ヘアドネーションの団体のHPを印刷して見せるなど相談したら、やってもらえることもあります。私はその方法で、いつもの美容室で髪を切るところまでお願いできました。

ヘアドネーションの団体に送る時の必要な条件は、以下の通りです。

  1. 完全に乾いた状態の髪であること
  2. 頭部の髪全体を4~6ブロックに分け、輪ゴムで束ねた状態のまま送ること
  3. 引っ張ると切れてしまうほど痛んでいる髪はNG

髪を切る位置の1㎝ぐらいのところを輪ゴムで止めてから切るとバラバラになりません。自分で髪を切るのはなかなか難しいので、美容室やどなたかに切ってもらうことが多いと思います。美容室で切る場合は、団体のHPから切り方を印刷して持参すると良いです。

髪質については、どんな髪質でもOKの団体や、NGがある団体があります。NGな髪質は、ブリーチ・白髪・白髪まじり・ストレートや縮毛矯正含むパーマ・強いくせなどです。

料金・価格帯は?

料金が発生すると考えられるものは、以下の3つです。

  1. 散髪代
  2. ヘアドネーション用(束ねた状態)に髪を切ってもらう料金
  3. 髪を送る費用

散髪代は、ヘアドネーションをした後、髪をセットする料金ですので、その美容室での通常の料金がかかります。

ヘアドネーション用に切ってもらう料金は、ヘアドネーションの団体に登録している美容室では無料です。登録していない美容院では有料になるかもしれません。私は後者の美容室でしたが、サービスしてもらい負担はありませんでした。

髪を送る費用は、登録している美容室では美容室から送ってくれますので、こちらの負担はありません。自分でヘアドネーションの団体に送る場合は送料がかかります。普通郵便の場合、重さに注意してください。切手代は250円から、レターパックライトですと370円です。

これ以外の費用としては、”ヘアドネーションの団体に髪が届きました”という受領証の発行を希望する場合、返信用封筒と切手代が必要です。希望しない場合は不要です。ヘアドネーションの団体はボランティアで活動しているので少しでも手間がないようにと、私は希望しませんでした。

髪の長さはどれくらい伸ばせば良いの?

必要な髪の長さは31㎝以上です。寄付をする団体によっては15㎝以上でもOKです。その場合はシャンプーなどの開発用の「評価毛」や美容師さんのカットマネキンの素材などになり、ウィッグ制作費の一部になるそうです。

実際にアラフィフ母さんが体験したレビュー

動機

きっかけは、知り合いのお子様が白血病になったと聞いて、骨髄バンクのドナー登録をした際、ヘアドネーションを知りました。ちょうど50歳を機に髪を切る予定でしたので、この髪も提供しようと思いました。

お店選びのポイント

ヘアドネーションの団体に登録している美容室ですと、ヘアドネーションを希望している旨を伝えるだけで、ヘアドネーション用に切ってくれます。また、社会貢献に積極的であるお店を応援する意味でも登録店はお勧めです。

そうは言っても、いきつけの美容室でないお店で髪を切るのは不安ですね。私も、いつもの美容室は登録店ではなかったので、ヘアドネーションの切り方を印刷してお願いしました。するとこの活動に賛同してくれて、この美容室も登録の申請を検討することになったそうです。

このようにヘアドネーションの活動を広く知ってもらうことができますので、ぜひいきつけのお店にご相談されることもお勧めします。

ヘアドネーション用に束ねてもらった状態はこんな感じです。

ヘアドネーションの切り方

切ってもらうとこれくらい短くなりました。

ヘアドネーションの後

(画像引用:筆者撮影)

ヘアドネーション後の髪はどこに行くの?

提供された髪は、病気や事故などで頭髪に悩みを抱える18歳以下の方々への医療用ウィッグになります。約30人分で1つのウィッグになるそうです。

ヘアドネーションの主な団体は3つあります。各団体ごとにヘアドネーションの条件が多少違いますが、どちらの団体も素晴らしい活動をされていますので、ぜひHPをご覧になっていただけたら嬉しいです。

  1. JHD&C ジャーダック
    ”髪を切らないヘアドネーション”という収益金の全額がウィッグ制作費として寄付される「ヘアドネーションシャンプー」も発売されています。
  2. HERO
    破牙神ライザー龍ショーとグッズの売り上げの一部がヘアドネーションの活動費になるそうです。
  3. つな髪
    こちらは、子どもにも安全・安心の品質が評価され、第10回キッズデザイン賞『審査員長特別賞』第11回キッズデザイン賞『キッズデザイン協議会 会長賞』を受賞されています。

私は、白髪あり・白髪染めあり・縮毛矯正・くせ毛などの条件から、HPも見やすいJHD&C ジャーダックさんに送りました。

まとめ

髪を封筒に入れてから、ふと興味がわき重さを量ってみました!200gでした。30㎝以上切って、頭が軽くなったと感じていたのですが、意外に軽いなと思いました。

ヘアドネーションを通して社会貢献ができたのかなと思います。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました